各種取り扱い製品につきまして

Optofluidics社 NanoTweezer

粒子表面分析 - ナノ粒子コーティングの分析のための近接場光散乱(NLS)

nt0001

Zaiput社 液-液セパレータSEP10-1A

Zaiput Flow Technologies社が特許を有する液液セパレーターは、非混和性液の連続フロー分離を可能にします。このセパレータは膜分離法を基礎としています。革新的設計により、オペレーションは上下流動条件の影響を受けません。そのため、きわめてフレキシブルに展開可能です。インラインで使用することができ、多段階合成および多段階分離が可能となります。

z001

Zaiput社 液-液 セパレータ SEP200FP、SEP200SS、SEP200HS

Zaiput Flow Technologies 社が特許を有するメンブレンベースの液‐液セパレータは、非混和性液の連続フロー分離を可能にします。

sep200_01

動的水分吸着測定装置 DVS Adventure

DVS動的水蒸気吸着測定装置は、広い範囲の湿度と温度における吸着・脱着等温線を測定するための装置です。本製品は安定した温度と湿度を提供いたします。また、新しい材料やプロセスの開発に不可欠な試料と水蒸気との相互作用に関する有益な情報を提供いたします。例えば、多くの産業において、原材料の吸水特性は、それらの保管性能、安定性、処理性能および適用性能を決定する際の重要なパラメータとして考えられています。

0011-2

動的水分吸着測定装置 DVS Intrinsic

動的水蒸気吸着測定装置DVS Intrinsicは、Surface Measurement Systems社の最新の動的水蒸気吸着測定装置です。動的水蒸気吸着測定装置は中小規模のラボやプラントのニーズを満たすように特別に設計されています。また、使いやすいだけではなく、投資コストと保守の負担が低くなっています。

このシステムには、SMS UltraBalanceTMと業界をリードするエレクトロニクスが組み込まれています。ステップバイステップのソフトウェアウィザードとユーザーインターフェイスを組み合わせることで、オペレータのトレーニングを最小限に抑えながら高性能を実現します。ユニットの設置面積が小さいため、限られたベンチトップスペースを最適に使用できます。DVS-IntrinsiLinkTMを介して、1台のPCで5台までの動的水蒸気吸着測定装置を同時に操作できます。

intrinsic

二種類の蒸気重力収着分析装置 DVS Resolution

動的水蒸気吸着測定装置DVS Resolutionの主な特徴は、最高分解能質量変化を記録しながら温度と相対湿度を正確に制御測定できることです。動的水蒸気吸着測定装置は、その動作のために乾燥キャリアガス(典型的には窒素または圧縮空気)を使用します。デジタルマスフローコントローラは、乾燥ガスと飽和ガスの流れを調整します。相対湿度は、乾燥ガスの流れと飽和ガスの流れを正確に混合することによって生成されます。典型的な実験では、既知の濃度の水蒸気が、水分子の収着または脱着によって生じるリアルタイムの質量変化を測定するSurface Measurement Systems社のUltrabalanceTMに接続された試料受け皿の内部に置かれた試料の上に運ばれます。収着測定に先立って、試料は300℃までの温度でその場で予熱乾燥させることができます。さらに、試料チャンバと水蒸気の発生は、インキュベーター(恒温槽)内で単一の温度で熱平衡状態にあり、結露なしに温度範囲:5~85℃での動作を可能にします。

0021-2

DVS Endeavour

5つのバランスを備えた多検体動的水蒸気吸着測定装置

多検体動的水蒸気吸着測定装置 DVS Endeavourの特徴は、温度と相対湿度を正確に制御して測定すると同時に、5個までの試料の最高分解能質量変化を記録できることです。さらに、Surface Measurement Systems社の超音波センサー(特許出願中)を使用して有機蒸気分圧を測定することができます。典型的な実験では、既知の濃度の水蒸気または有機蒸気が、試料受け皿の内部に置かれた試料上に配送されます。試料受け皿は、水や有機分子の収着や脱着によって生じるリアルタイムの質量変化を測定するSurface Measurement Systems社のUltrabalance™に接続されています。

endeavour

動的水分吸着測定装置 DVS Vacuum

多孔質材料への蒸気の吸着は、多くの産業において重要かつ不可欠です。伝統的な重力測定法は、「静的」真空技術の使用に基づいています。この方法は、真空チャンバ内容物の「ガス抜き」は測定圧力、ひいては収着測定に著しく寄与しているという事実によって制限されます。

真空測定DVS Vacuumを用いると、溶媒やガスを使用して材料の正確な吸着特性を得ることができます。

vacuum

表面エネルギー測定装置 iGC-SEA (インバース・ガスクロマトグラフィ)

インバースガスクロマトグラフィー(表面エネルギーアナライザ)、すなわち表面エネルギー測定装置は、15年以上に渡って、インバースガスクロマトグラフィー(IGC)によるSurface Measurement Systems社のパイオニアであり続けています。

表面エネルギー測定装置iGC-SEAは、第2世代の逆ガスクロマトグラフィー装置です。この装置は、IGCの原則に基づいている世界で唯一の商業用機器です。固有のSMS注入方式は、比類のない正確さと再現性で広範囲の注入濃度を実現します。

igc-sea

Vapor Pressure Analyzer

蒸気圧測定装置 Vapor Pressure Analyzer(VPR)は、クヌーセン流出法を使用して固体、液体および油の蒸気圧を測定します。

蒸気圧は、元の材料との平衡状態で存在する気相材料の量を規定する重要な材料物理特性です。すべての物質は、昇華(固体-気体)または蒸発(液体-気体)によって気相に入ります。熱力学的平衡状態での材料の蒸気圧は、材料の基本的な性質であり、唯一の温度関数です。

vpa

相対湿度ジェネレーター GenRH

相対湿度ジェネレーターGenRHはステージや様々な測定機器との接続により相対湿度をコントロールした環境を短時間で作ることができます。

006

フリーズドライ顕微鏡システム Lyostat5

すべての凍結乾燥製剤は、完全に冷却固化し一次乾燥後に保持されるための臨界温度を有しています。フリーズドライ顕微鏡システム Lyostat5は、乾燥および崩壊の正確なポイントを決定するために、プロセス中のサンプル構造の観察を可能にしました。これらの開発プロセスを明瞭化することで、効率的な製品の生産、プロセスのコスト削減につながります。

 

Lyostat5

DTA・インピーダンス測定装置 Lyotherm3

Lyotherm3はBiopharma社と、凍結乾燥の専門教授であるLouis Reyとで開発された、1台で示差熱測定(DTA)と電気インピーダンス測定の同時分析を行うことができる装置です。

凍結乾燥に必要なガラス転移温度(Tg')、共晶温度(Teu)及び融解温度(Tm)などのパラメータを入手することができます。

biopharma_lyotherm3_1

Zaiput社 バッチ抽出プラットフォーム Z-FOX

Z-FOXバッチ抽出プラットフォームは、抽出に対するハイブリッド(バッチ+フロー)アプローチであり、Zaiputの連続分離技術と工学的物質移動を活用することにより、バッチベースの液液抽出の主要な課題に対処します。

z-fox_catch

凍結乾燥粉体弾性測定装置 MicroPress

凍結乾燥粉体(cake)の物理的および構造特性の従来の評価方法は、主観的かつ定性的な試験に限られており、それらは輸送時や取り扱い時に対しての頑健性の証拠を必ずしも提供するものではありませんでした。
MicroPressは、加えられた力をロードセルで正確に測定しながら、線形アクチュエータを用いて粉体をゆっくりと圧縮し、凍結乾燥粉体(cake)の剛性(ヤング係数)と強度(破壊時の最大ストレス)を定量的に測定します。
その後、統合ソフトウェアによって結果として得られる応力-ひずみプロファイルをMirosoft Excelにエクスポートして評価・分析を実施することができます。
この分析によって、ユーザーは凍結乾燥粉体が取り扱い中や輸送中にどのような状態になるかを求めることができます。

biopharma_micropress

Zaiput社 マルチステージMS-10

多段液-液抽出(LLE)は、製品の回収率を高めるために抽出ステップを繰り返すプロセスです。このプロセスは、分配係数が小さいために、単一の抽出ステップでの回収が不十分な場合に必要です。 産業用アプリケーションでは、液-液抽出(LLE)はほとんどの場合、抽出剤の消費量を最小限に抑える「向流方式」(CC-LLE)で構成されます。このスキームでは、有機相が反対方向に移動する間、あるステージからの水性ラフィネートが供給物として前のステージに供給されます。したがって、各ステージでの製品の回収率が低くても、システム全体で高レベルの回収率を達成できます。 言い換えると、多段階抽出では、抽出の選択性とプロセスの歩留まりは、使用される抽出段の数に依存するため分離され、プロセス開発者に大きな自由を提供します。

ms10_catch

Zaiput社 液-液/液-ガス セパレーター

Zaiput Flow Technologies社が特許を有する液-液/液-ガス セパレーターは、非混和性液の連続フロー・バッチ分離を可能にします。このセパレータは膜分離法を基礎としています。 革新的設計により、オペレーションは上下流動条件の影響を受けません。そのため、きわめてフレキシブルに展開可能です。フロー、バッチ、乳濁液分離で使用することができ、多段階合成および多段階分離も可能にした革新的な装置です。 製品規格は ●ラボスケール(SEP-10:流量0-12ml/分) ●パイロットスケール(SEP-200:流量20-200ml/分) ●プロダクトスケール(SEP-3000:流量:200-3,000ml/分・SEP-40K:流量1,000-40,000ml/分) があり、ご希望の分離・抽出量に合わせたセパレーターを選択いただけます。(本ページ下部:【Zaiput社 液-液/液-ガス セパレーター 製品一覧】参照)

sep全種

ワイヤレス温度センサー TEMPRIS

TEMPRISは、ワイヤレス・バッテリーフリーTPの正確な測定を可能にします。また、凍結乾燥プロセスにおける商業規模のPAT(プロセス分析技術)としても使用することができます。

 

004

Oxford Lab Products社 バイオテックラボ用周辺機器

Oxford Lab Products社は1969年に設立された米国を拠点とするラボ用実験器具専門メーカーです。 Oxford Lab Products社の製品は品質と耐久性で最高水準を満たし、ハーバード大、マサチューセッツ工科大(MIT)、米国疾病対策センター(CDC)などの顧客にサービスを提供しています。

oxford_lab

TSI社 ヒートストレスモニター

TSI社 ヒートストレスモニターは温度や相対湿度などのパラメーターを測定しWGBT指数(暑さ指数)を計算します。 工場や倉庫、建設現場、運動・スポーツ等の環境の熱ストレスを数値化し、作業時間や休息時間を表示。測定結果をデータ保存することも可能です。 熱中症予防対策を推進し、労働安全衛生の管理コストを低減することができます。

QT-32

TSI社 次世代ガスフローメーター

TSI社 次世代ガスフローメーターは流量、温度、絶対圧力、体積、低差圧および湿度をこの1つの装置で測定できるこれまでにない新しいガス質量流量計です。 テストのセットアップを簡素化するだけでなく、複数の機器を購入および保守しないことで時間と費用を節約できます。

5300-and-5200-flow-meters-combined_1

Zaiput社 バックプレッシャーレギュレーター BPR-10・BPR-1000

Zaiput社のバックプレッシャーレギュレーターは、フロー合成のニーズに合わせて特別に設計されています。当社のデバイスは、コンパクトなフォーマットで、高精度と広い圧力範囲、および卓越した化学的適合性の独自の組み合わせを特徴としています。 バックプレッシャーレギュレーターは、制御される流体(メインストリーム)の圧力を基準圧力と比較します。主流の流れは、その圧力が基準圧力を満たしている場合にのみ許可されます。 さらに、当社の圧力調整器には、設定値がユーザーによって選択されるという独自の機能があります。ユーザーは、デバイスの専用チャンバー内の空気を加圧することにより、背圧設定値を選択します。設定値は、デバイス内の空気の圧力に等しくなります。

isolated_BPR_2019_2_s

水分プロファイリングシステムRelequa

Relequa(リレクア)モイスチャー・プロファイリング測定装置は新しい考え方による物質の水分相互作用測定装置です。

010

Vapourtec社 フローケミストリーシステム Rシリーズ

Vapourtec社による豊富な拡張性と数多くの文献やシステムの納入実績を誇る高性能フローケミストリー合成装置です。

 

006

Vapourtec社 フローケミストリーシステム Eシリーズ

Vapourtec社による豊富な拡張性と数多くの

文献やシステムの納入実績を誇る高性能フロ

ーケミストリー合成装置です。

Rシリーズの性能をコンパクトにした装置です。

012_02

ディスポーザブル粘度計DV-100

ディスポーザブル粘度計DV-100は、測定にディスポーザブルチューブを使用するため測定後の厄介な洗浄の必要がない、高精度測定装置です。粘度の測定はディスポーザブルチューブ内のサンプル液中に差し込んだ特殊ニードルの落下時間を計り落下速度から粘度を求めます。落下時間は内蔵のセンサーとニードル内のマグネットにより自動計測し粘度を求めます。 ニュートン流体、非ニュートン流体どちらでも、装置のキャリブレーションの必要もなく工場内、ラボなどどこにでも設置できます。

sbs_1_pdt_lag

光化学リアクター UV-150

光化学、または化学反応での光の使用は、自然と産業の両方で多くの重要な用途があります。
光化学反応は、光合成とビタミンD形成の中心にあり、電子機器の製造、保護コーティング、および薬物と芳香剤の合成において重要な役割を果たします。
しかし、従来のバッチ光化学は安全性、機器の入手可能性と複雑さ、反応条件の制御、スケールアップの難しさなどの多くの問題からその使用が制限されています。
画期的なVapourtecUV-150光化学リアクターは従来のバッチ光化学の問題を排除し、光化学の可能性を最大限に活用できます。
これにより連続フロー操作下で、安全正確かつ効率的、スケーラブルな光化学を提供します。

vapourtec_uv-150

携帯型ディスポーザブル粘度計PDV-100/PDVa-100

携帯型デスポーザブル粘度計PDV-100/PDVa-100はポータブル、簡単操作、ディスポーザブルチューブ使用で、しかも安価 粘度の測定はサンプル液中を落下するニードルの落下速度から粘度を求めます。 PDVa-100はニードルの落下時間を自動測定。 PDV-100はマニュアルで落下時間を測定します。

sbs_2_pdt_lag

コーキング粘度計CV-100シリーズ

コーキング容器から直接粘度測定ができます

コーキング粘度計はコーキング容器をディスポーザブルサンプルチューブとして使用する実用的な装置です。

sbs_3_pdt1_lag

高温度型粘度計 HTV-100

ディスポチューブを使用し高温度状態で測定

高温度粘度計はディスポチューブを使用し、350℃までの高温度でサンプルの粘度測定を行うことができます。

sbs_3_pdt2_lag

電解反応リアクター

光イオン連続フロー電解反応リアクターは、Vapourtec とカーディフ大学の Thomas Wirth 教授のコラボレーションにより開発されました。
この目的はラボスケールの研究用に、使いやすく、多用途の連続フロー電気化学を開発することでした。

vapourtec_electrolytic

SF-10ポンプ

SF-10ポンプは、試薬やガスの投与から実験用ポンプ圧力調整器としての操作まで、さまざまな用途で使用するために設計された多用途の実験用ポンプです。

vapourtec_sf-10pump