Zaiput社 液-液 セパレータ SEP200FP、SEP200SS、SEP200HS

Zaiput Flow Technologies 社が特許を有するメンブレンベースの液‐液セパレータは、非混和性液の連続フロー分離を可能にします。

sep200_01
液-液セパレータの用途

セパレータは混合液の入口1ヶ所と、有機相用に1 ヶ所、水性相用に1 ヶ所の2 ヶ所の出口を備えています。使用のための準備も較正も不要です。

液-液セパレータの原理
sep200_02

この装置は多孔膜、また水性相と有機相の湿潤度の差異を利用して、2 種類の液体のうちの1 つを選択的に分離します。総合圧力調節器によりプラグアンドプレイ機能を実現し、適切な条件を常時確実に満たします。

液-液セパレータの主な特長
  • 同じ濃度の液体を分離可能
  • 乳濁液を分離可能
  • ● 連続処理時、分離を他の作業から独立して実行
  • ● 大幅にデッドボリュームを低減
  • ● 優れた化学的適合性
  • ● 加圧ラインでオペレーション
   
  • ● 競合技術よりも安価
  • ● フローケミストリーのインライン抽出に適している
  • ● 実験から生産まで対応可能
  • 環境にやさしい代替手段を提供
  • ● 反応/不安定中間体に最適である
  • ● 高値の化学物質に最適である
液-液セパレータの適用例
sep200_03

反応(フローまたはバッチ)に続いて連続抽出を行うことができます。スピード、デッドボリュームの小ささ、連続オペレーション、そして乳濁液の速やかな分離が利点です。

sep200_04

装置のモジュール性により、より複雑なオペレーション(例えば2 種類の抽出がカスケードされる溶媒交換)が可能となります。

sep200_05

多段階のオペレーションを必要とする複雑な抽出を速やかに完了することができます。技術の拡張性により、実験室から生産規模まで途切れのない処理が可能です。当社はこうした用途の実現をお手伝いいたします。

当社にご質問頂くか、当社ウェブサイトでさまざまな例と各種条件におけるその実施について示した総合出版目録をご覧ください。

Zaiput社 液-液 セパレータ 製品一覧

 


製品名

総流量
(ml/分)

接液部

最大圧力
(MPa)

デッド
ボリューム

サイズ
(mm)

接続ポート
SEP-10 0-12 過フッ素化ポリマー(ETFEPFAFEPPTFE 2
(290 psi)
~400μl 77 × 71 × 29 1/4インチ
UNF -28フラットボトム

SEP-200-SS

20-200

ステンレス銅316 および
FFKMPTFEPFA

2
(290 psi)

~30ml

206 × 196 × 26

1/4インチODSwagelok

SEP-200-HS

ハステロイ C276 および
FFKMPTFEPFA

SEP-3000-SS

200-3000

ステンレス銅316 および
FFKMPTFEPFA

2
(290 psi)

~300ml

450 × 607 × 150

1/2インチODSwagelok

SEP-3000-HS

ハステロイ C276 および
FFKMPTFEPFA