二種類の蒸気重力収着分析装置 DVS Resolution

動的水蒸気吸着測定装置DVS Resolutionの主な特徴は、最高分解能質量変化を記録しながら温度と相対湿度を正確に制御測定できることです。動的水蒸気吸着測定装置は、その動作のために乾燥キャリアガス(典型的には窒素または圧縮空気)を使用します。デジタルマスフローコントローラは、乾燥ガスと飽和ガスの流れを調整します。相対湿度は、乾燥ガスの流れと飽和ガスの流れを正確に混合することによって生成されます。典型的な実験では、既知の濃度の水蒸気が、水分子の収着または脱着によって生じるリアルタイムの質量変化を測定するSurface Measurement Systems社のUltrabalanceTMに接続された試料受け皿の内部に置かれた試料の上に運ばれます。収着測定に先立って、試料は300℃までの温度でその場で予熱乾燥させることができます。さらに、試料チャンバと水蒸気の発生は、インキュベーター(恒温槽)内で単一の温度で熱平衡状態にあり、結露なしに温度範囲:5~85℃での動作を可能にします。

0021-2
長期間の温度安定性
  • ● 試料温度での蒸気発生と配送
  • ● 25℃での標準的な安定性は±0.02℃です。
  • ● 正確で安定した湿度配送が可能
湿度性能

● 湿度精度±0.1%RH

24時間のバランスベースライン安定性
  • ● 0.1μgの分解能
  • ● 0.3μg以下のノイズ
True0™ RH
  • ● 他社の水蒸気吸着測定装置では実現できなかったTrue0™ RHを提供できる唯一の装置
  • ● 0.0%RHの低い水の分圧を達成します
  • ● 1%RH以下でのみ完全に乾燥する水和物およびその他の化合物の研究
  • ● 低いRHレベルでの収着脱着の調査を可能にします
主な測定能力:
  • ● 水、有機溶媒、ガス収着等温線、ガス脱着等温線
  • ● 2種類の蒸気を用いた共吸着等温線
  • ● オプションにて300℃までの現場での試料予熱と乾燥
  • ● 複数の収着脱着および試料乾燥または活性化サイクル
  • ● 試料質量:1mg~5000mg
  • ● 表面・バルク測定能力および分析
ハードウェアの主な利点:
  • ● 超音波センサーを使用して有機蒸気分圧を直接的に測定する唯一のシステム(特許出願中)
  • ● 静電チャージを最小限に抑えながら試料受け皿に簡単に手が届くオープンステンレススタンド設計
  • ● 広範囲(5~85℃)の正確な温度制御
  • ● 最先端の実験デザインとデータ分析のための次世代制御評価ソフトウェア
  • ● 5つのバランス(DVS Endeavour)にアップグレード可能
  • ● 統合制御ソフトウェアによるオプションのIR、ラマン、ビデオイメージング
ラマン分光法
  • ● 収着実験中のラマンスペクトルのトリガと捕捉のための完全統合ハードウェア・ソフトウェアソリューション
  • ● 材料の気固相互作用をより完全に理解できます
オプションの顕微鏡とビデオ
  • ● オプションの5メガピクセルカラーカメラ
  • ● 200倍光学ズーム
  • ● 画像には時間/日付/温度/湿度が記載される
  • ● 寸法変化を測定するためのグリッドオーバーレイと較正
昇温での乾燥、硬化および蒸気発生のための高温プレヒータ
  • ● 300℃までの試料の脱ガス・活性化
  • ● 温度は試料受け皿のすぐ下のPt100によって測定されます
  • ● 150℃までの湿度発生
温度
  • ● 制御範囲:5℃~85℃
  • ● 調整精度:±0.01℃
  • ● 結露防止機能
試料の乾燥・活性化のための高温プレヒータ
  • ● 2つの温度オプション:150°Cと300°C(最大局所温度)
  • ● 加熱ランプ速度:10℃/分以下
  • ● センサ:Pt-100熱電対
解像スタンド
  • ● マニホールド:316ステンレス
  • ● シール:Viton
  • ● チューブ:1/4インチステンレス
溶剤タンク
  • ● 材質:パイレックスガラス
  • ● 標準で0.25と0.5L
  • ● タンク2台を含む
相対湿度の発生と測定
高精度デジタルマスフローコントローラと静電容量プローブ
相対湿度センサ
  • ● キャリアガス-乾燥空気(オプションで窒素)
  • ● 相対湿度範囲:0~98%
  • ● RH範囲精度:5~60℃±0.5%
  • ● RH範囲精度:60~85 oC±1%
超音波センサー
  • ● 部分圧力範囲:0~90%
  • ● RH範囲精度:15~50℃±2%
  • ● 有機蒸気の音速センサ速度
  • ● リアルタイム分圧測定および制御
使用可能な溶媒は次のとおりです。
  • ● アセトン
  • ● クロロフォルム
  • ● シクロヘキサン
  • ● デカン
  • ● ジクロロメタン
  • ● ジクロロメタン
  • ● エタノール
  • ● 酢酸エチル
  • ● エチルベンゼン
  • ● ヘプタン
  • ● ヘキサン
  • ● イソプロパノール
  • ● メタノール
  • ● ノナン
  • ● オクタン
  • ● トルエン
  • ● 水
  • ● M-キシレン
  • ● p-キシレン
システムソフトウェア
最先端の実験デザインとデータ分析のための専用の次世代制御評価ソフトウェア
分析
  • ● 等温線
  • ● 透過性と拡散性
  • ● 反応速度情報
  • ● 収着熱
  • ● Tg測定
  • ● アモルファス含有量
制御
  • ● 試料予熱
  • ● 蒸気収着
  • ● 蒸気交換
  • ● 二種蒸気共吸着
  • ● ランプまたはステップの相対湿度の変化
  • ● 有機蒸気収着分圧
  • ● 温度段階は、設定時間またはユーザ定義のdm/dt(吸着平衡閾値)に基づく等温線と等圧線実験
  • ● 実験は、吸着のみ、吸脱着または任意の回数の吸脱着の分圧または温度サイクルを含む場合があります
質量測定
  • ● Ultrabalance 1
  • ・低質量SMSマイクロバランス
  • ・試料質量:1~1000mg
  • ・質量変化:±1000mg
  • ・分解能(精度):1μg
  • ・バランスノイズ:3μg以下
ソフトウェアのオプション
  • ● 標準:制御、分析
  • ● 高度:分析スイート、等温線分析スイート
  • ● CFR:制御、高度分析スイート、等温線分析スイート