Vapor Pressure Analyzer

蒸気圧測定装置 Vapor Pressure Analyzer(VPR)は、クヌーセン流出法を使用して固体、液体および油の蒸気圧を測定します。

蒸気圧は、元の材料との平衡状態で存在する気相材料の量を規定する重要な材料物理特性です。すべての物質は、昇華(固体-気体)または蒸発(液体-気体)によって気相に入ります。熱力学的平衡状態での材料の蒸気圧は、材料の基本的な性質であり、唯一の温度関数です。

vpa
クヌーセン法
クヌーセン(Knudsen)流出法は、蒸気分子がクヌーセン・セルの既知の寸法のオリフィスを通って既知の温度で真空に逃げる速度に基づく動的重量測定技術です。オリフィスを通る質量損失の割合は、VPAシステム内のSurface Measurement Systems社のUltrabalanceによって測定されます。1~100mgの試料質量は、典型的には20~400℃の温度範囲で研究することができます。
温度制御インキュベータ

インキュベータは、実験のために制御された安定した温度環境を提供します

  • ● 範囲:20℃~85℃
  • ● 安定性:±0.2℃(20℃~85℃)
高温プレヒータ
局所試料予熱器は、試料を400℃まで加熱します。
真空システム
ロータリポンプは、1×10-3トールの最低真空圧力を生成することができます。
回転式ポンプと組み合わせたターボ分子ポンプは、真空圧力を1×10-7トールまで下げます。
真空計
究極の真空圧力は、900~1×10-8トールの範囲で動作する真空トランスデューサを使用して測定されます。
真空マニホールド
主に化学的不活性の316ステンレス鋼製、KFフランジ、VCRシール(Cu)継手で構成されています
超微量天秤

所定温度と高真空で試料質量をリアルタイムで測定します。

  • ● 試料質量:最大1.0g
  • ● 質量変化:最大±150mg
  • ● 分解能(精度):0.1μg
  • ● ノイズ:0.7μg以下